同志社校友会千葉県支部ホームページ開設のご挨拶

 

千葉県支部長 神内一憲

千葉県支部長 神内一憲

全国の同志社校友の皆様、とりわけ千葉県在住の同志社校友の皆様、同志社校友会千葉県支部(以下千葉県支部)では、校友会(本部)のご支援を得て、この度、新たなホームページを開設することになりました。開設にあたり、一言ご挨拶申し上げます。千葉県支部の設立理念は「一国の良心で培ってきた誇りをもって、校友の結束・交流を希求する者の集まりとする」です。新島精神のコアの部分は「良心」であり、私ども千葉県支部の結集軸となっています。

さて、千葉県支部は昨年設立15周年を迎え、様々な記念事業を実施いたしました。設立して15年というのは、比較的若い組織のようですが、もともと校友会東京支部(東京校友会)の会員として校友会活動をされていた千葉県在住の諸先輩が、尽力されて1998年に千葉県支部設立総会が開催され、今日に至っております。その後の千葉県支部の発展は、今やひと月一回のペースでイベントを実施するなど、質・量ともに全国でも屈指の活動を誇っています。歴代役員、諸先輩に感謝いたします。

それでは、支部活動について具体的に紹介します。先ず中心は、例年6月に開催される「定時総会・特別講演会・懇親会」です。また、総会に合わせて、会員の創作による「芸術作品展」を始めました。全体活動としては、設立翌年の1999年から「千葉再発見の旅」を年2回のペースで実施しています。次にサークル活動ですが、運動系では、「ゴルフ部」が春・秋年2回、「テニス部」が毎月、Chiba Walk(歩こう会)が年2回活動しています。文化系では、「美術鑑賞部」は年3回、「音楽鑑賞部」も年3回、他に「社会科見学会」があります。

千葉県支部の結集軸については既に述べたとおりですが、ここで校友会活動の意義、メリットについてお話したいと思います。やはり一般社会ではなかなか味わえない、校友どうしという打ち解けた環境の中で、タテ・ヨコの交流ができるという点ではないかと思います。タテの交流では諸先輩方の貴重な経験を学習しましょう。ヨコの交流では、互いの情報を交換しましょう。とくに若い世代は、積極的に活用していただきたいと思います。
皆様のご支援・ご協力をお願いして、挨拶とさせていただきます。

2017年6月
同志社校友会千葉県支部 支部長 神内一憲

 

【校友会千葉県支部 役員紹介】

氏名 卒年・学部
1 神内 一憲 常任理事 支部長 S47商 留任
2 堀  光昭 常任理事 副支部長 (音楽鑑賞部) S39経 留任
3 桑田津也子 常任理事 副支部長・女性会員増強担当 S41文 留任
4 柏原 博人 常任理事 事務局長 (美術鑑賞部) S43工 留任
5 木村 俊一 常任理事 会計担当 (テニス部) S42経 留任
6 村越満知子 常任理事 名簿担当・事務局補佐 S49法 留任
7 東野 正明 常任理事 副事務局長(ゴルフ部) S48工 留任
8 小清水富栄 理事 (Chiba Walk担当) S46文 留任
9 平林 秀博 理事 S48商 復帰
10 清水 源之 理事  会計補佐、催事(イベント)共同担当 S50商 新任
11 吉田 嘉昭 理事  催事(イベント)共同担当 S50商 新任
12 斉藤  守 理事 S51法 留任
13 久保 明美 理事 S56文 新任
14 藤川 勝憲 理事 HP担当 S61商 留任
15 鈴木  卓 理事 S61神 留任
16 近藤 哲志 理事 H1法 留任
17 志見 壮一 理事 <若手の会>担当 H14法 留任
1 加藤 寿彦 監事
S42法 理事より